外貨預金はチャートで確認~輸出企業が多い日本~

外貨預金と聞くとなんだか難しそう…と、苦手意識を持つ方は少なくないかもしれません。
しかし1つずつ学んでいくと内容自体はシンプルで、分かりやすい預金です。
外貨預金の売買ができる業者も増えているので、前に比べて利用しやすくなったという点も人気が高まりつつある理由なのではないでしょうか。
今回はそんな外貨預金にも大きく影響する為替相場について少し説明したいと思います。

お金の流れによって動く為替相場。
そもそも何で変動するの?と、疑問を抱いたことがある方は少なくないはずです。
大きな要因の1つとして“市場介入”が挙げられます。
市場介入とは、王室や行政府が民間の市場取引に介入することをいいます。
これだけじゃ、さらに難しそう…と思われるかもしれませんが、例えば日本は自動車業など輸出企業が豊富な国として知られていますよね。
では、円安が続けばどう影響するのでしょう?
円安になる=輸出した商品が高くなり売れなくなる、という現象が起きるのです。
物が売れなくなれば日本の景気は悪くなり、失業率が高くなったり治安悪化の恐れも…!!
そこで日本政府は最悪の状況を回避するために、外国為替市場で通貨を売買する取引を行います。
つまりこの取引こそが市場介入となります。
外貨預金はチャートにてリアルタイムで把握することができますし、内容がシンプルなので初心者向きでもあります。


Leave a Reply

Popular Post

サイト TOPへようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !