日本がインフレになったら債券にどう影響する?

投資にも様々な方法がありますが、中でも債券にチャレンジしてみようかな…と思っている方は、景気がどのように影響するのかを覚えておいたほうが良いでしょう。
景気にはインフレとデフレがあり、投資だけでなく日常生活においても大きな影響を与えます。
そして一般的にインフレになると債券は弱くなる、と言われているのです。
ただし、これはあくまでも“その国のインフレに対して”という条件付きとなるので注意してください。
もう少し分かりやすいよう、詳しく解説してみましょう。

そもそも債券のリターンで大きく占めている部分は金利収入の利回りです。
例えば日本で債券を購入した場合、金利収入の利回りは日本のインフレ率を下回ることが多いと言われています。
もっと分かりやすく言うなら、債券を購入した後にハイパーインフレが起きてジュース1本当たりの値段が10万円になったとします。
しかしそれでも借りた側は10万円を返済すれば済むので、インフレになってもさほど利益を得られるわけでもなく、逆に価値が下がった状態で代えされてしまうので損をしたように感じるでしょう。
ちなみに同じ投資でも株式はインフレに強い傾向があり、債券と対照的な存在です。
インフレになるかデフレになるかを判断するのもまた難しいですが、どっちに景気が動くと強いのかを知っておくこともまた重要となります。


Leave a Reply

Popular Post

サイト TOPへようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !